誰かの日常に、あなたの特別が隠れている。
その土地で生活しているから、知っているモノ。 その土地で育ったから、知っているモノ。
例えば、地元の人なら誰もが知るソウルフード。
そこで生活している人にとっては、あたりまえな存在。けれど生活していない人にとっては、少し特別な存在。
きっと誰かの日常に、誰かの特別は隠れている。
Cheeky's storeは、食に限らず、全国各地に隠れた“あなたの特別"を「よしもと芸人や独自のネットワーク」によりチョイスしお届けします。

 

バックナンバー

コラム一覧

新着記事

秋田発、いぶりがっこソーセージは、「しったげうめぇ!」一度食べてみる価値アリ!

漬物王国秋田にて、ソーセージに「いぶりがっこ」を練り込み、新たな名産品づくりに挑んだ男がいる。その名はミスター・タベルスキ・マイケル(Michał Taberski )、ポーランドの方である。タベルスキは本名で、ポーランドでは120人ぐらいしかいない珍しいファミリーネームだそうだ。
続きを見る...

福島県本宮市の〈糀和田屋〉さんの甘酒4種(プレーン、いちご、ゆず、もも)。飲んでもよし。調味料としてもよし。

〈糀和田屋〉さんは、創業1771年(江戸時代、明和8年、将軍は徳川家治)の老舗、十代目になる代表取締役の三瓶正人さんが、自社の甘酒について、こう話してくれた。
続きを見る...

宮崎県日向市、本吉さんの「原木栽培 低音乾燥椎茸 諸塚村産」は、シイタケ界の革命がもたらした逸品だ。

日頃たべているシイタケを私たちはどのくらい知っているかというと、生シイタケと干しシイタケがあって、干しシイタケは水に一晩つけておいた戻し汁が出汁になるというぐらいで、あとは、鍋のシーズンに、あのまん丸こげ茶色のシイタケを噛み切るときに熱い汁でアジジジィーにならないよう注意することぐらいじゃないでしょうか。
続きを見る...

静岡県掛川発の”笑顔が生まれる”粉末茶スティック「Chabacco(チャバコ)」、次は世界へ!

外見はタバコの箱のパッケージで、中身は粉末茶のスティックが8本入っている。それが使われなくなったタバコの自動販売機を再利用して販売され、手軽に買えるのが「Chabacco」の大まかな正体だ。
続きを見る...

山形県天童市・くんせいたまご『スモッち』は、シンプル イズ ベストでクセになります。

くんせいされた半熟ゆでたまご『スモッち』といいます。さて、さっそく『スモッち』を食べましたが、まず、くんせいのかまり(東北弁で匂いの意)がいいですね。いいかまりです(私はとんがった方から食べ始めます。)  
続きを見る...

北海道森町・有機栽培のかぼちゃ『くりりん』は、糖度20度超え!「みよいさん家のとても甘い有機かぼちゃ」は、なんでそんなに甘いのか?

一般のかぼちゃの平均糖度は10〜12度。15度もあれば甘いと評されますが、北海道の〈みよい農場〉でつくられた2020年の『くりりん』は糖度21.1度という分析結果がでています。  
続きを見る...

よしもとが〈八幡屋礒五郎〉とコラボして、「新宿よしもと七味唐からし」を商品化。なぜに、唐からしか?!

辛いもの好きは、七味唐がらしを香のもの、みそ汁、きんぴらごぼう、サラダ、ステーキとパパッと何にでもかけ、特にうどんやそばなど表面が真っ赤かになるまでかけて、ボルテージアップ!なかには辛子明太子にも七味唐がらしをパパッする人もいるそうで。  
続きを見る...

青森県弘前市嶽温泉の〈山のホテル〉より、「山のホテル マタギ飯&マタギ汁セット」

「マタギ飯」は、岩木山の南麗にある嶽(だけ)温泉〈山のホテル〉の商品で、青森県よしもとエリア社員 鳴海清花さんからの情報です。津軽の霊峰富士と呼ばれる岩木山麓に構える老舗ホテル。疲れをいやす温泉と、ここでしか味わえない古い味『マタギ飯』。
続きを見る...

埼玉県吉川市、十八屋の「なまずコーラ」、開発には猫も参加したのかな?

関東エリアマネージャー、覚野公一さんから埼玉県吉川市には「なまずコーラ」があるということで、さっそくJR吉川駅まで買いに行きました。東京駅から赤羽、南浦和で乗り換えて52分。車中、最近のコーラ事情を調べると、日本全国に変わり種コーラがいろいろあることを知る。
続きを見る...

宮崎県 白水舎乳業がつくった日本初、牛乳で甘酒をつくった「百白糀」は疲労度の軽減に

九州エリアマネージャーの中島真一さん推薦の白水舎乳業「百白糀」、さっそくいただいてみました。砂糖を使っていない発酵乳飲料、牛乳と米糀のみでつくられたプレーンと生姜タイプがあり、いずれもノンアルコールの甘酒です。
続きを見る...

福岡県柳川市より、サバ薫製「THE さBAR」4種。最強のおつまみです。

「THE さBAR」は株式会社やまひら(屋号/夜明茶屋)商品です。福岡県のエリア社員、橋村裕樹君から「ちょっとしたお土産ではなく、自分用に買ってしまう美味しさ」という推薦が寄せられ、さっそくお取り寄せし、いただいてみました。この商品は、いい仕事をしています。
続きを見る...

島根県邑南町の新名物。“食べる醤油”おおなんの宝『石見ポーク』と『石見和牛』

島根県邑智郡邑南(おおなん)町で開発された新商品“食べる醤油”おおなんの宝『石見ポーク』と『石見和牛』です。これは、島根県住みます芸人、奥村隼也君と同町の老舗〈垣崎醤油店〉の四代目垣崎宏次常務がゼロから商品化に挑み、地元で頑張る生産者、シェフ、そして高校生と取り組みました。
続きを見る...

コラム一覧

Cheeky'sChannel

Cheeky's Channel

北海道から沖縄まで、日本全国の地方の魅力を発信するサイトです!
あなたが思う"ジモトのフツー"が面白い!
『Cheekyʼs Channel』は「地方創生」をテーマに、各地を代表する名物や物産、
知られざる面白い情報、人物などをみんなで発信していきます。
『Cheeky's Channel』で紹介された商品の一部が、
こちらのstoreでご購入いただけます。

ページトップへ